自民党新潟県連幹事長 新潟県議会議員 柄沢正三公式ホームページ > 活動情報 > 長岡市寺泊山田地内・土砂崩れ発生

長岡市寺泊山田地内・土砂崩れ発生

Date 2013年8月3日

 7月31日夜半から8月1日未明にかけて降った集中豪雨により、長岡市と出雲崎町は大きな被害を蒙りました。

 長岡市寺泊山田地内では裏山が崩落し、61歳の男性が土砂の下敷きになり死亡が確認されました。

 柄沢県議は、8月1日未明山田の土砂崩落現場に出向き、地域住民の避難が迅速に安全に行われるよう関係機関と連携し尽力しました。

 新潟県と長岡市は速やかに復旧作業に当たり、8月2日には県の地滑り対策研究会が山田地内の現地調査を実施しました。その結果、地域住民は8月3日には帰宅できる目途がつきました。

 さらに、8月3日政府調査団が現地調査を行い、柄沢県議は、泉田知事と森市長と一緒に調査団に対し、災害の早期復旧と今後の対策を要望しました。

 

ページの先頭へ戻る